BECKS - 美髪と良い髪質のつくり方、髪の科学

マヨネーズは髪にいいの??

 

マヨネーズトリートメントとなるのか?

 

 

という記事をちらっとみかけたので、早速実験です。

 

実際試した方もちらほらいてるみたいですので、検索してみて下さい!!

 

 

 

準備物は、マヨネーズ、ハケ、カップ、以上。

 

 

早速、自分で試してみました。

 

モデル→自分(超健康毛)、癖毛なのでパサつきあり。
乾燥していてゴワゴワしています。

 

 

 

一応マヨネーズのPHを計測する事に。
PH測定器の先端にマヨをヌリヌリ
※PHとはアルカリ、中性、酸性の数値の事。

 

 

 

肌はよく弱酸性【4.5〜6】で保たれていると言われています。(個人差はありますが)
同様に髪の毛もアルカリ性、酸性の影響を受けやすい性質なのです。
健康な髪の毛のPHは【4〜5.5】です。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314
酸性→→→中性→→→ アルカリ性
思い出しましたか?

 

(詳しくはこちら(pHって何?)へ!)

 

マヨのPH「3.88」まあ適度な酸性です。

 

 

 

スチーマーで5分ほど加温してラップを被せて30分ほど放置です。

 

 

仕上がり
んー。少し艶がでたような出てないような

 

 

うーむ。分かりずらい。

 

 

というわわけでもう一人モデルさんをする事にしました。

 

モデル→カラーを定期的に繰り返していて
毛先15センチは乾燥で少しカシカシしている状態。

 

 

 

 

 

モデルさんも嬉しそうにしています

 

 

 

マヨネーズを塗布後スチーム加温。

 

 

 

仕上がり。軽くシャンプー後ドライヤーで完全に乾かす。

 

 

 

 

 

 

 

以上の結果を踏まえてのまとめ

 

Q.なぜマヨネーズがトリートメントになると話題に?なったのか。

 

.髪の成分→タンパク質・脂質・酸性で安定する性質がある(PH4〜5.5)

 

マヨネーズの成分→卵(タンパク質)、
油(脂質)、酢(酸性)

 

以上の事から髪に良いとされたもよう。

 

 

Q.そして実験の結果は?

 

良い点

 

・艶が何となく出た?

 

・キューティクルがひきしまる

 

・食べ物なのでなんとなく安心かな

 

・なんか笑顔になる

 

 

 

悪い点

 

・サラサラにもならず、しっとりともせず、どちらか言うとベタカシカシ感

 

・なにせ酢の匂いが不快

 

・伸びが悪いのでコストがかかる
(ロングの方で100mlかかった)

 

 

 

個人的見解

 

・まず酢が先にキューティクルを引き締めるのでタンパク質は髪に入りにくい
ハイダメージ毛で卵のタンパク質が入った所で留まる事は少しならするかもしれないが可能性は低い。

 

 

・マヨの油は植物性の比較的酸化のし易い油なのでもしかしたら髪に付けてると、髪の毛自体の酸化は防ぐかもしれない
かもですが。

 

 

以上の事を踏まえて、
普通の市販のトリートメントでもそれくらいの機能は備えていると思われます。

 

食べ物だからという謎の安心感はありますが、別にマヨネーズでしなくても。。

 

     このエントリーをはてなブックマークに追加



BECKSでは、何歳になっても美髪を保つための研究を怠らず

5年後10年後を見据えての提案をしていきます。

美容室でトリートメントはしているけど、一向にキレイにならない

家で言われた通りやっているけれどまとまりが悪いなど

やり方を間違えている可能性があります

是非ともご相談下さいませ!


↓美容室BECKSへはこちら↓

住吉区我孫子の美容室

http://becks-room.com/


ブログもあります!

BECKSブログ 〜住吉区我孫子の美容室〜




HOME プロフィール お問い合わせ